企業研修に関するご提案

JOIは、M&A、贈収賄、グローバルコンプライアンスなどに関連した高度な知見を有する法律事務所やリスクコントロールを専門とするコンサルティング事務所などと連携して、企業向け研修をご提案致します。その分野のトップレベルの講師陣による研修を、会員価格で利用できます。
企業特有の事情に応じてオーダーメイド型のプログラムが可能です。御社の社内研修に活用されては如何でしょうか。 申し込みやご相談は、JOI総務部(TEL:03-5210-3311、 » 問合せフォーム )までご連絡下さい。

なお、講師となる事務所などは、いずれも当財団の会員となります。

PDFダウンロード
■ 日本語による研修 »
» 上級クロスボーダーM&A
» 贈収賄・コンプライアンスのプロフェッショナル・スキル
■ 英語による研修/Training in English »
» Advanced level training on anti-bribery, compliance and corporate governance

日本語による研修

上級クロスボーダーM&A

研修内容 クロスボーダーM&Aで必要となる高度な法律知識の習得を目指します。ドキュメンテーションや相手方との交渉に加え、最近のトレンドや海外当局との交渉にまで踏み込んで講義を展開します。また、具体的な成功・失敗事例、企業特有の事情を反映させた契約書作りの事例を織り交ぜながら、M&AのDD段階で気を付けるポイントもお伝えします。海外の相手方当事者と直接交渉を実施し、数多くの案件を成功に導いてきた講師が、海外と日本の慣習の違いや、些細な事で誤解が生じる可能性など、クロスボーダー案件ならではの実務上の留意点について詳しく解説します。
講師 GT東京法律事務所
グリーンバーグ・トラウリグ外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業)
対象者 M&A実務の経験を有する方。M&Aに携わる法務、営業の方。合計10名程度。
日程 11月もしくは12月の午後半日(日時・時間割などは別途要調整)
場所 貴社会議室もしくはJOI会議室で開催
費用 22万円(税込み)
・参加人数に関係なく、研修に際し貴社が支払う総額です。
・教材費込みです。

Top of Page ▲

贈収賄・コンプライアンスのプロフェッショナル・スキル

研修内容 近年注目されている贈収賄のコンプライアンスに関して、会社のグローバルなコンプライアンス体制構築(計画策定、海外子会社へのヒアリング、現状認識、リスク分析、規定作成、トレーニング実施等を含む)を担当した経験や、当局調査などの有事の際に海外当局と直接交渉をして会社にとって最善な合意に至った現場での経験等も踏まえ、具体的な事例を学びながら、参加者に有益な機会を提供します。
講師 GT東京法律事務所
グリーンバーグ・トラウリグ外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業)
対象者 コンプライアンス業務を担当されている方。合計10名程度。
日程 11月もしくは12月の午後半日(日時・時間割などは別途要調整)
場所 貴社会議室もしくはJOI会議室で開催
費用 22万円(税込み)
・参加人数に関係なく、研修に際し貴社が支払う総額です。
・教材費込みです。

Top of Page ▲

英語による研修/Training in English

Advanced level training on anti-bribery, compliance and corporate governance

Overview

● Anti-Bribery and Corruption (ABC) in the context of due diligence when conducting cross-border business

○Why you need to be aware of the United Kingdom Bribery Act and the US Foreign Corrupt Practices Act when conducting business in and from Asia
○Overview of ABC laws in key markets in Asia
○Cross-border enforcement trends, including relevant enforcement actions taken by regulators globally

● Managing supply chain risks (including risks in relation to potential human rights violations)
● Enhanced scrutiny of parent /company controls

○The increased focus by regulators on the activities of controlled subsidiaries of global corporations and the practical impact of subsidiary risk

● The importance of effective compliance (including how to embed good corporate culture within your compliance framework)

● Case study: how to spot a bribe and what you do next

NOTE: This training will be conducted in English, supplemented by and we can provide summaries of the key points in Japanese, if helpful to the participants.

Lecturer Linklaters/Global Law Firm
The team conducting this training will comprise expert lawyers from Tokyo, Singapore and HK offices.
Target This training is designed for those who have basic knowledge of compliance and bribery issues.
Date To be arranged
Style Online seminar
Fee 220,000 yen(including TAX)
NOTE:Regardless of the number of participants, this fee is the total cost your company pay for this training arrangement.